HD Capture Box (HD-001)

HD Capture Boxは、HDカメラからのDVI/HDMI出力を、無変換で取り込む装置です。PCではなく、専用の装置として設計されているため、画質の劣化や取りこぼしはありません。

◇特徴◇~HD Capture Box (HD-001)~

DVI直接入力

HDカメラからの映像信号を、ダイレクトに入力します。 Sビデオやコンポジットに変換することなく、デジタルのまま取り込むため、信号の劣化は全くありません。HDカメラのHD性能をフルに活かすことのできるFull HD キャプチャユニットです。入力信号は、 1920×1080pまたは、1920×1080iに対応しています。

デジタル処理による高画質キャプチャ

入力されたHD映像信号を高画質のまま、JPEGに変換し静止画キャプチャ可能です。ハードウェアを用いたデジタル処理のため、遅延なく、高画質にJPEG変換します。JPEGの圧縮率は、4段階の調節が可能。目的に応じて調整できます。

LANによる既存の装置との接続機能を標準装備

LANにより、既存のファイリングシステムや、電子カルテシステムと接続することができます。本装置には、ID入力機能、トリガー入力機能があり、テンキーやバーコードリーダーからIDを入力後、トリガースイッチをオンにすると、内部にファイルが保存され、ネットワーク上に共有されます。JPEGファイルのファイル名には、IDと取り込んだ瞬間の日付、時刻が付与されます。上位のシステムは、このフォルダをポーリングし、画像を必要に応じて処理してください。(IDを入力しない場合は、$$$_日付_時刻.jpgの形式で出力しますので、上位で適宜分類してください。)

HD Capture Box

Windows PCからは、
エクスプローラー ⇒ ネットワーク ⇒ HD-CAPTURE-0001 ⇒ share
で見ることができます。

HD Capture Box HD Capture Box HD Capture Box

既存のシステムと、そのまま接続できるよう、出力ファイルを加工する機能も装備。4:3のアスペクト比に変換したり、画像のサイズを変更できます。また、JPEGの圧縮率も変更できるため、上位の容量にあわせて運用することができます。

HD Capture Box

ライブ映像表示

PCとUSB接続することにより、ライブ映像表示することができます。PCとの接続にはUVC規格を採用し、特別なドライバを必要とせず、Windows/LinuxのPCにMotion JPEGのライブ映像を表示することが可能です。
RAPiD-CLIENTに接続すると、簡単に高画質ライブ映像を表示でき、取り込んだ画像を即座にサムネイルで一覧表示することができます。

◇詳細◇~HD Capture Box (HD-001)~

接続機器一覧
HDカメラ
 1920×1080p/i 
Ikegami(池上通信機)  小型3CMOSフルハイビジョンカメラ THD-23FHD 
JFCセールスプラン  FRex HD SP-321
SONY  CMOSフルHDビデオカメラ MCC-500MD 
センテック  1/2.8 インチ型 Full HD Cマウントカメラ STC-HD203DV 
サンコンタクトレンズ  1/3 インチ型 フルハイビジョンカメラ SFHD-200c 
パナソニック  1/3型 MOS 3板 フルハイビジョンカメラ GP-UH332 NEW! 

コンパクトサイズに機能満載

フロントのLCD(VFD)画面で、ID確認が可能。また、キャプチャ画像のサイズ設定や、JPEGの圧縮率、その他本体のIPアドレス設定など、各種設定が可能です。LCD(VFD)の輝度調整、自動消灯設定も可能。暗室での 運用に配慮しました。

HD Capture Box

スペック
入力 HDMI×1
DVIも接続可能
対応信号 1920×1080(29.97Hz)
プログレッシブ/インターレース
映像出力 USB2.0 UVC規格準拠
Motion-JPEG
出力静止画像 JPEG (圧縮率4段階97%,90%,80%,75%)
出力画像サイズ 1920×1080,1440×1080
ID入力 最大16桁
テンキーまたはバーコードリーダー
外形寸法 W250×D125×H50mm
重量 515g
電源 ACアダプタ
DC 5V/3A

◇Case Study(システム構成事例)◇~HD Capture Box (HD-001)~

Case1 ファイリングシステムRAPiD-Xと接続する場合

HD Capture Box

RAPID-XはHD Capture Box(HD-001)との連携が標準装備されていますので、特別なカスタマイズなしで、Full HDのファイリングを実現できます。

●ライブ映像は、USB経由でクライアントに表示されます。
●動画もキャプチャされる場合は、"specM"をお使いください。

Case2 HD Capture Box単体での運用

HD Capture Box

●ID入力と、トリガー入力が可能なため、単独での撮影も可能です。
●サーバーからのポーリングで、キャプチャした静止画を管理します。
●ライブ映像の確認のために、DVI接続のモニタを用意すると便利です。

Case3 HD Capture Box + プリンタでの運用

HD Capture Box

●超小型PCでポーリングをかけ、プリンタを制御します。
●キャプチャ後に、自動で画像を印刷することが可能です。

Case4 既設の各社ファイリングと組み合わせる場合

HD Capture Box

●既設のシステムにそのままHDカメラを接続することができます。
●ライブ映像は、USB経由でクライアントに表示されます。
●静止画のキャプチャは、HD Capture Boxに記録されます。クライアントからLAN経由でポーリングをかけ、取り込むことができます。
●HD Capture Boxへのポーリングは、ID入力の都合上、各クライアントから行うのがよいと思います。(システムに依りますので、都合に合わせてサーバーからのポーリングも可能です。)
●取り込んだ画像は、サーバーで一元管理し、各クライアントで共有できます。